今日の映像・動画ニュースTOP ≫  芸能・TV ≫  内山信二 11月2日放送 しくじり先生 ネタバレ|愛車や子役も話題に、月収3千万円からの転落人生を語る

内山信二 11月2日放送 しくじり先生 ネタバレ|愛車や子役も話題に、月収3千万円からの転落人生を語る



内山信二 しくじり先生 月収3千万円からの転落人生を語る

2ちゃんねるでは、「内山信二を見ていると、なぜか
だるまさんがころんだ、と歌いたくなるんだ。」と話題。

その彼が、だるまさんならぬ、自分が転んだ話をご披露する。

人の失敗は蜜の味!

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は、

そんな人間の本性に刺激を与えてくれるところに
人気の秘密があるのだろう。

2015年11月2日(月)放送の「しくじり先生」3時間SP予告
のyoutube動画をご紹介します。

テレビ朝日系で11月2日に放送される反面教師バラエティー番組
「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の3時間スペシャルに

元人気子役の内山信二が“人生のピークが-早過ぎちゃった先生”
として登場。自身の半生として月収3千万円からの転落人生を語り、

「早くに成功して、その後の-人生を棒に振らないための授業」
を行う。番組は、普通では考えられない位の失敗をしてしま
った人”しくじり先生”が登場し、自分のような人間を

増やさないようにと、熱意を持って、生徒たちに、
自身のしくじった経験を教えていくというもの。

現在34歳の内山は、6歳のときに、フジテレビ系の
人気バラエティー番組「あっぱれさんま大先生」
で、デビューした。

授業では、内山の人生を山に例え、
日本子役最高峰の”内山”が、どのような山だった
のか、登山マップを使って、その歩みを説明していく。

下積みも無く、6歳のデビューから、瞬く間に
人気者となった内山は、当時所属していた事務所から
手渡しでギャラをもらっていたため、

自分がどれだけ稼いでいるかを把握していたという。
そこから金銭感覚の崩壊が始まり、両親に対しても
「僕、アンタかせいでいるんですけど!」と、

暴言を吐くようになったと打ち明ける。
日本一売れっ子の人気子役となった、10歳のときの
最高月収は、3000万円だったという。

当時は、週5日で高級焼肉店に通っていたが、
わずか6年後の16歳時には、月収ゼロまで転がり落ち、

焼肉のたれをご飯にかけて食べる”貧乏生活”を
送るはめになってしまった。

金銭感覚の乱れた内山が、小学1年生のときに
もらっていた小遣いの額や、その金で買っていたもの、

大人を舐め腐っていた当時の内山が、
マネージャーにやらせていた悪行なども明かされる。

高校中退や引きこもりなど、
その後の転落人生もテレビで初告白し、
崩壊した金銭感覚を止めた18歳の時のある出来事まで、

芸暦28年の内山先生が、
全てをさらけ出して、真摯(しんし)に語ります。


コメント
コメント投稿フォーム:
: [必須]
トラックバック
TOPに戻る
Copyright (C) 今日の映像・動画ニュース. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。